こころの健康に関する新たな支援「フィンランドからの贈り物~オープンダイアローグ」

世界中で、薬物治療だけに依存しない新たなアプローチ手法として、注目されて

いるオープンダイアローグは、1980年代からフィンランドの西ラップランド地方

にあるケロプダス病院を中心に実践されてきました。本人、家族、関係者、看護師

医師などが対等な立場で開かれた対話を行い、「本人がいない時に物事を決めない」

ということを重要な約束事として行う手法です。

今回は、オープンダイアローグのアプローチ手法を応用して、地域生活を送ってい

る個人宅へ訪問し、日々支援を行っている訪問看護ステーションKAZOCの

三ツ井直子氏、久保田健司氏にお話をしていただきます。

************************************************************

日時:平成30年10月25日 木曜日

開場 午後1時30分

開会 午後2時00分から4時00分

場所:調布市こころの健康支援センター2階 こかげ

講師:訪問看護ステーションKAZOC

三ツ井 直子氏  久保田 健司氏

定員:80名(申込順) 参加費無料

申込   電 話:042-490-8166
      F A X:042-490-8167

10.25KAZOC講演会のサムネイル