平成30年度こころの健康講演会 大切な人を守るために私たちができること

~「死にたい」と言われたらどうしよう?~を開催します。

ちょっとした悩みの相談はいいけど・・・「死にたい」と深刻な相談は、誰でも戸惑いますよね。

でも,自殺は誰にでも起こりうる危機で、あなたの大切な友人や家族も例外ではありません。
なんらかのSOSを発している人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、
見守る人のことを”ゲートキーパー”と言います。普段行っている「気遣い」に、ちょっとした「聴くコツ」があれば、
誰でもその役割を担い、悩んでいる人を効果的に支えることができます。
ゲートキーパーを知り、ともに考え支えあえるような地域の輪にあなたも加わりませんか?
※今年度「調布市自殺対策計画」を策定中です。この講演会は、その中の取り組みである
「ゲートキーパーの周知と養成」を目的としています。

日時:平成31年1月19日(土)
13時30分から15時30分(13時15分受付開始)

定員:100名 受講料:無料

会場:調布市文化会館たづくり東館8階 映像シアター

講師:西村 由紀 氏 特定非営利活動法人メンタルケア協議会理事

申込み:調布市福祉健康部健康推進課 TEL042-441-6082
インターネット:調布市ホームページ→オンラインサービス→電子申請・電子調達→調布市からこころの健康講演会を検索

チラシ:http://www.city.chofu.tokyo.jp/www/contents/1541057647878/files/chirashi.pdf