こころの健康講演会 精神障がい・発達障がいのある方が企業で働くために

障害者雇用促進法の改正により、平成30年4月から法定雇用率の算定基礎に精神障害者が加わり、法定雇用率が引き上げられており、障害者雇用促進の機運がますます高まっています。企業の担当者からは働く上での相互理解について、当事者からは現在の働き方等について伺います。障がいのある方が企業で働くために大切なことや、企業・支援機関がどのように関わっているかを知ることができる機会です。

それぞれの立場の話しを聞くことで、企業就労について考えるきっかけにしませんか?

日 時 令和元年7月6日土曜日

場 所 調布市こころの健康支援センター 2階こかげ

講 師 倉田 譲氏 (テクノプロ・ホールディングス株式会社 人事部人事給与課長)

(人事部に所属し、障がいの有無に関わらず、多くの職員のマネジメント業務に従事されています。また、セミナーの参加や障害者雇用に取り組む企業の見学などを通じて、働きやすい職場作りに積極的に取り組まれています。)

内 容
1.基調講演「一緒にはたらくための相互理解」 倉田 譲氏
2.当事者による就労体験談 テクノプロ・ホールディングス株式会社在籍就労支援室ライズのメンバー
3.クロストーク (企業担当者、ライズのメンバー)

定 員 80名(申込順) 参加費無料

申 込 調布市こころの健康支援センター TEL 042-490-8166 / FAX 042-490-8167

★就労7月6日講演会チラシPDFのサムネイル